​ソーセージ"B-side Story"

~俺たちのもう一つの物語り~

日本全国を這いずり回り、命を歌い、愛を叫びつづけ、数えきれないドラマを繰り広げてきたロックバンド「ソーセージ」が結成9年目に挑戦するプロジェクト「B-side Story」。

これまでステージでは見せなかった彼らの「内面」に光をあて、希望と絶望のカオスの時代に送る、渾身のメッセージ。

新着情報~プロジェクトB-side Story~

♪N@音(山田直人)「ギター」MV公開しました。(2021.08.01)
 

♪平野壮「ヒーローになりたかった少年の唄2021」MV公開しました。(2021.07.04)

♪noteマガジン「キセキの ロックバンドの キセキ」作りました(2021.06.30)

♪noteマガジン「ソーセージ”B-side Story"」作りました(2021.06.01)


♪N@音が自身の二十歳の誕生日にnoteで自分史「子供のころ憧れた自分になる二十歳」を連載開始しました(2021.05.20)

♪ヤナギサワフミキ氏がnoteで「キセキの ロックバンドの キセキ」を連載開始しました(2021.05.11)

♪プロジェクト「B-sideStory」を発表しました(2021.05.11)

♪平野壮がnoteでコラム「ヒーローになりたかった少年の唄2021」公開しました(2021.05.09)

♪SEiZI/晴志がnoteで自分史「風穴をあけろ!50歳まだヒットを狙うミュージシャンの軌跡」を公開しました(2021.04.29)

♪SEiZI/晴志「風穴」iTunes、Amazon、LINE MUSIC、etc楽曲配信開始しました(2021.04.10)


♪SEiZI/晴志「風穴」MV公開しました(2021.04.01)

183068598_3875592445850438_3358307483031

ソーセージProfile

2012年 ソウとセイジの衝撃的な出会いで結成した 初期の「ソーセージ」
売れるがために事務所を転々とし改名も余儀なくされた 第二期の「ソウセイジ」
事務所所属は向いてないと独立し、自分たちで再び歩き始めた 第三期の「ソーセージ」
ソウが古民家のリノベーションを、セイジの頚椎の病気の悪化のため活動停止状態だった 第四期の「ソーセージ」
そんな中 障害者となったセイジをずっとサポートし続けソーセージになることを夢見た
不登校少年「N@音〜ナオト」(18歳)が正式加入し 第5期の「ソーセージNao」 として活動再開!!
そして 「僕はソーセージNaoじゃなくてソーセージになりたかったんだ!」と、直人の一言で 2020年にバンド名を「ソーセージ」
に戻す。
東北への音楽での支援活動も10年間継続中。

Rock 'n' RollやPunk Rockを基調にしながらも、命を歌い、愛を叫び続ける、バカヤロー3人によるユニット。
バンド名の由来は「ソウ」と「セイジ」で『ソーセージ』。

 

現在メンバーは
千葉県茂原市在住 「ドラマ人間」平野壮~ヒラノソウ~(Exがきおやじ)
石川県金沢市在住 「北陸のハッピーマン」SEiZI/晴志~セイジ~(SEiZI/晴志BAND)
石川県金沢市在住 「不登校の優等生。平成生まれ昭和育ちのギタリスト」N@音~ナオト~

日本全国の地べたを這いずり回り、年間約250本のライブをこなす。
結成から現在までで、アルバム4枚、ミニアルバム1枚、オムニバスアルバム5枚、カバーアルバム1枚、DVD1枚リリース。

結成直後から行っている東北への演奏による復興支援活動は現在も継続中で、3ヶ月に一度は東北を訪れている。
また、押し入れに眠っている楽器や壊れた楽器を集め、メンテナンスをし、東北の子供達に直した楽器を届け、現地でロック教室を開催している。
命を歌い、愛を叫び続ける、バカヤロー3人組として世にはばかります。

92886785_2598391750267546_48695853011750

ソーセージの赤色担当

平野 壮(ソウ)



1972年7月3日静岡県静岡市に生まれる。現在千葉県茂原市在住。 18歳で上京、19歳から3ピースバンド「がきおやじ」のVo.Gとして活動。関東を中心に全国のライヴハウス等に出演、TVやラジオなどにも多数出演する。「がきおやじ」はメンバーを入れ替えながら、2011年まで実に20年間継続的に活動するが、 東北大震災の当日に解散。その後ソロ活動を経てソーセージ結成に至る。千葉県茂原市のヴィーガンレストラン「Sweet&Peace」の用務員担当でもあり、築130年の古民家を自力でリノベーションした。その他、ヨガのキールタンバンド「あうん」や、歌謡曲バンド「晴来」のギタリストとしても活動。ソロ名義ではドラマ人間・平野壮として「絵の見える楽曲」をテーマに、昭和の風情をたっぷり詰め込んだオリジナルソングを歌う。



911をきっかけにいわゆる「陰謀論」の世界にもどっぷり浸かり、裏社会を暴く講座等も開催する。

66254277_2435635556671891_34920780067451

ソーセージの緑色担当
山田直人(ナオト) 2001年05月20日 石川県七尾市能登島で生まれる。 保育園まではまともに登園してたものの、小学校からは完全に不登校。 2010年9歳の時に生の音楽に出会い、 中学校からは完全に登校拒否。 音楽の方が面白かったからである。
そこから完全音楽漬けの毎日が始まる。ソーセージツアーについていく日々、周りからはソロも勧められるも、小学校の時からの夢は「自分がソーセージになってツアーを回ること」それ以外は全く興味がなかった。2015~2020年の間は、ソーセージ+N@音として度々ツアーを周り、義務教育ではなく音楽の勉強旅がつづく。 2019年10月 石川県津幡町『奏弦工房』ウクレレモニターミュージシャンに就任。2020年SEiZI/晴志~セイジの頚椎の病気が悪化 それと同時にサポートから正式加入メンバーへ 。同年5月には 石川県津幡町 奏弦工房にてオリジナルギター完成。2020年10代最後に某ウイルスが流行。俺より目立つな!とか心の中で思っている。やったるけど!!

ソーセージの黄色担当
「SEiZI/晴志」(セイジ)名義でソロ活動も継続中。
北陸から全国発信し続けるシンガーソングライター「北陸の暴れん坊」改め「北陸のHappyman」
「ホントのことしか伝わらない。ホントのことは伝わる。」 ストレートな言葉とメロディを武器とするROCKシンガーソングライター。パワフルでハートフルな唄声と、心を動かすメッセージ、会場をひとつにするパフォーマンスには定評がある。1995年26歳で脱サラしミュージシャンを生業に。数々のバンドでの活動の後2000年ひょんなきっかけ(スカウト)で中国に渡りプロのシンガーとしてソロ活動後2003年日本で「SEiZI/晴志」名義でソロデビュー。「SEiZI/晴志」「SEiZI/晴志バンド」でCDアルバム6枚リリース。日本全国での演奏活動を経て2012年ソーセージ結成。2019年~2020年の間、頚椎の病気のため2回の手術をしたものの、両手指に障害が残ってしまい、現在障害者6級。首はほぼサイボーグ状態。それでもあきらめない諦めの悪い只今絶賛リハビリ中の50歳。

67892905_2329816743761357_41398819840610

プロジェクト第一弾として、SEiZI/晴志「風穴」MV公開しました(2021.04.01)

♪風穴
作詞 作曲 編曲:SEiZI/晴志(セイジ)
Vo&Ag:SEiZI/晴志(石川)

Eg:平野壮(千葉)

Bass:麻田健(石川)

Pf:マシュケ(大阪)

Sax:ジョジョ(沖縄)

Dr:山本 拓真(東京)

ミックス&マスタリング:SEiZI/晴志


映像脚本&構成 : SEiZI/晴志・Akane Murahashi

映像撮影・編集 : Akane Murahashi

撮影場所 : 石川県能登半島・石川県金沢市

『風穴』各種音楽サイトで配信中! 

seiziyoutube.png

「SEiZI/晴志」の最新Music Video!
夢破れ、人生に挫折しそうになった時、車で放浪する中で石川県能登半島の「風穴」に出会った。
「何年も何十年もかけて、風と雨と波が岩を少しずつ削って穴をあけてしまうんだ」
地元のおじさんに教えていただいた。
何年かかってもいいじゃないか! 少しずつ少しずつ「風穴」あけてやれ!!と、再び前に進むことを決意した。
自身の病気克服と復活、コロナ禍の中で大変な思いをしてる人たちへ
「今は苦しいけれど、また光がさす未来が来るから あきらめちゃいけない」という思いを込めた応援メッセージソング。
コロナ禍で顔を突き合わせてのレコーディングが難しい中、全国のミュージシャンたちとリモートでの録音ファイルのやり取りで制作したNew音源と共に、楽曲の世界観を表現した渾身のMusic Videoが今ここに完成!
映像撮影・制作はVideographerの村橋茜が担当。
風穴の世界観を存分にお楽しみください。

 

楽曲ダウンロード

プロジェクト第二弾として、平野壮「ヒーローになりたかった少年の唄2021」MV公開しました。(2021.07.04)

♪ヒーローになりたかった少年の唄2021
作詞 作曲 編曲:平野壮
Vo,Gt : 平野壮(千葉)
Bass,Cho : 井戸雀琇 (神奈川)
Ds,Cho : 黒木弘志 (神奈川)
Cho : 音之森晴志 (石川)
Cho : 波田江美鈴 (東京)
Other musical instruments : 平野壮
Mix & Mastering : 平野壮
☆Special Thanks☆ オクトパス今井 & ランラン ・ チョコ (千葉) なっちゃん
映像協力 : fuuta ・ がきおやじ
映像脚本 & 構成 : 平野壮 ・ Akane Murahashi
映像撮影 ・ 編集 : Akane Murahashi

【ヒーローになりたかった少年の唄 2021】平野壮MV遂に公開!!
平野壮がかつて所属していた3ピースバンド 「がきおやじ」の代表曲である『ヒーローになりたかった少年の唄』。

ファンも多いこの楽曲が、歌詞もリズムもこの時代に向けたメッセージと共に生まれ変わりました。

歌、音、リズム、歌詞、映像と世界観、全てに注目していただきたい渾身のMusic Video。

是非とも、4K映像でお楽しみください。
映像撮影・制作はVideographerの村橋茜が担当。

ロックバンド ソーセージ” B-side Story"第ニ弾となる映像作品 『ヒーローになりたかった少年の唄2021』

yt sou.png

プロジェクト第三弾として、N@音(山田直人)「ギター」MV公開しました。(2021.08.01)

♪ギター
作詞 作曲 編曲:山田直人、音之森晴志(補作) Vo,Ag,Eg&Bass : 山田直人
Eg : 平野壮(千葉)
Cho : 音之森晴志 (石川)
Dr instruments : 山田直人、音之森晴志 (石川)

Mix & Mastering : 音之森晴志 (石川)

映像協力 : 全国のソーセージ部族の皆様
映像脚本 & 構成 : 山田直人
映像撮影 : 山田直人、音之森晴志 (石川)

映像編集 : 山田直人

N@音こと山田直人のソロ名義初MVが8月1日公開。
2011年に生の音楽と出会い、もうかれこれ10年 幼少期から何かと普通でもない人生を過ごしてきて はや20年。
すべてのあの頃の自分に捧げようと作った曲です。
山田直人 参加のロックバンド「ソーセージ」”B-side Story”第三弾。
「山田直人(ナオト)」プロフィール
山田直人(ナオト) 2001年05月20日 石川県七尾市能登島で生まれる。
保育園まではまともに登園してたものの、小学校からは完全に不登校。
2010年9歳の時に生の音楽に出会い、 中学校からは完全に登校拒否。
音楽の方が面白かったからである。そこから完全音楽漬けの毎日が始まる。
ソーセージツアーについていく日々、周りからはソロも勧められるも、小学校の時からの夢は
「自分がソーセージになってツアーを回ること」
それ以外は全く興味がなかった。
2015~2020年の間は、ソーセージ+N@音として度々ツアーを周り、義務教育ではなく音楽の勉強旅がつづく。
2019年10月 石川県津幡町『奏弦工房』ウクレレモニターミュージシャンに就任。
2020年SEiZI/晴志~セイジの頚椎の病気が悪化 それと同時にサポートから正式加入メンバーへ 。
同年5月には 石川県津幡町 「奏弦工房」にてオリジナルギター完成。
2020年10代最後に某ウイルスが流行。
俺より目立つな!とか心の中で思っている。やったるけど!!
★山田直人 HP   https://www.souseizi.com/naoto-yamada
★ソーセージ HP  https://www.souseizi.com
★note(子供のころ憧れた自分になる二十歳)  https://note.com/naoto2734/
★Facebook  https://www.facebook.com/NAOTO.Guitar...
★Instagram  https://www.instagram.com/naoto2734/?...

yt naoto.png

B-side Storyとは・・・

ずっと水面下で準備してきたNEWプロジェクト【ソーセージ "B-side Story】

「で、何するの???」ま、ちょっと話を聴いてくれ。

このコロナ禍やメンバーの病気のこともある中でこの3年間、いろいろ模索してきた。

2020年ナオトが正式加入したものの、世の中はコロナ禍。

セイジの手術+リハビリも思うようには進まない中、この状況の中で「何ができるか」をずっとメンバー内で話し合ってきました。

ネットでのライブ配信もやってみた。でも、俺たちは「ネットのLIVE配信じゃ意味がない、俺たちは向いてない」

時代に逆行してるようでも、正直、ライブ配信は二度とやらないと思う。

金沢と千葉、メンバーが離れた場所にいる特殊な形の俺達がこの「コロナ禍」の中でできること。

今一度、メンバー個人個人の内面に光をあて「個の魅力を発信しよう」その集合体が「ソーセージ」である!という証明をしようと考えた。

具体的に何をするか?

お気づきの方もおられるだろうが、ソロ名義で「ミュージックビデオを公開」からまず始めたのだ。「ソーセージ解散するの?」「これからはソロ活動でいくの?」と思われた方もいただろうが、実は2020年から壮大な計画のもとに遂行していたのだ。
 

【今後の予定】


♫2021年8月22日(日曜日)
​SEiZI/晴志(サポートギターN@音)
石川県金沢市北國新聞 赤羽ホール「SIVILSONIC 2021」

♫2021年8月29日(日曜日)
石川県金沢市「メロメロポッチ」ビール祭り


♫2021年9月11日

ソーセージ 新曲「This is entertainment(仮)」MV公開


♫2021年9月11日(土曜日)~12日(日曜日)
神奈川県横浜市「蒔田Abeem」ソーセージ2DAYS
初日/ゲスト・高田エージ
2日目/ソーセージワンマン

 

♫2021年9月13日(月曜日)
神奈川県横浜市「7th AVENUE」ソーセージワンマン

♫2021年11月14日(日曜日)
千葉県茂原市「「Sweet&Peace」10周年感謝イベント

 

 

 

シビルソニック.jpg